Amazon 探検隊公式ブログ

〜おいでよ!ぶつよくの森 Amazonの秘宝〜

電子書籍

〔電子書籍〕100分de名著 維摩経

NHK 100分 de 名著 『維摩経』 2017年 6月 [雑誌] (NHKテキスト)
NHK出版
2017-05-29






仏教は難しくて馴染みがないのですが、お盆もきたので録り溜めていたこちらの番組を見ました。
100分 de 名著は4回シリーズで名著をざっくり要点を押さえられるので、好きな番組の一つです。 

仏教でいう「空」という意味がどうもわからなかったのですが、この番組でなんとなく掴めた気がします。

形や常識にとらわれないということらしいです。
今風でいうと、バイアスがかかっていない状態で、ありのままに物事や現状を受け入れるということが近いんでしょうか?今流行りのマインドフルネスの真髄は「空」なのかもしれません。

ブルース・リーの映画の中で、「水になれ!」という言葉があったのを思い出しました。 
水は形を色々変えて、一滴一滴の水の雫💧で岩をも砕くと言います。
しなやかに現状を受け入れて、対応することの大事さも、「空」に通じると思うのですが。。。
ただ、「水」に囚われすぎると、もはや「空」ではないわけで。

難しいです。まだまだ、修行が足りません。

〔電子書籍〕境界性パーソナリティ障害




境界性パーソナリティ障害のことは知りませんでした。
器質的なものではなく 、後天的な要因で感情をコントロールできなくなる病気のようです。
幼少期の親子関係や不幸にもPTSD になってしまったときなどに発症するそうです。

「うちの子育て は大丈夫かな?」
「ひょっとして、自分はこの病気なんだろうか?」

と不安になる面も多く、専門的で聞きなれない単語が出てきて 読むスピードがゆっくりでしたが、考えながら読みすすめました。

ネグレクトもダメだし、過保護もダメ。
本人の自立をするのを待たないと行けないとはよく言いますが、なかなか時間がないときにはついつい手伝ってしまいます。

「親 」という字の作りに話を思い出しました。
親は「木」の上に「立」って「見」る というのは使い古された言葉ですが、なかなかどうして簡単にはできないものですね。。。



〔終戦特集・書籍〕終わらざる夏



日本の最北端で終戦後に行われた戦いを描いた作品です。以前、テレビで取り上げられ、読み始めたのですが…
実は昨年から少しずつ読んでいるのですが、なかなか進まずにいます。
東北の言葉やアイヌの言葉などがでてきたり、馴染みのない戦いなので遅々として進みません。
日本最強の精鋭部隊が日本の最北端でアリューシャン列島からの米軍を迎え撃つために配置されたのですが、ロシアの南下を食い止める闘いが行われたと聞いています。

北方領土を考えるためにも、ご一読を勧めます、と誰かが言ってました💦
まだ読み終えてませんが、今年の夏には読み終えたいと思っています☺️

 




〔俺専用図書館〕Kindle unlimited 始めました



月額980円で読み放題のサービスが1か月無料体験ということで、ついに手を出してしまいました。
これまでは、PRIME会員で電子書籍端末のKindleやKindle fireユーザーであれば月に1冊だけ読めるという(実際はレンタル扱い)サービスを使っていましたが、夏休みの自由研究で使える本があるかを見たかったので始めてみました。

結論は、本という形で出されているので調べ物として信頼はできると思います。 
自由研究のテーマはハムスターだったのですが、ハムスターの本もいろいろ見つかって活用できそうです。図書館に本を借りに行くのがむずかしいときなどbにも活用できますね🎵
ネットのフェイクニュースやデマよりは。

信頼度は
本>電子書籍(素人が書いたものもあるため玉石混交)>クチコミ>ネット
といったところでしょうか?

ちょっと調べ物したいときに、10冊まで読むことができる形ですので、10冊関連書籍をダウンロードしておいて読み比べるといいかも。

また、ハイライト(アンダーラインを引いたところ)も保存し放題ですので便利。
以前、PRIME会員で読んだけどレンタル終了となると、ハイライトもみられなかったのですが、試しに再度読んでみると昔読んだ本でもハイライトが保存されていました。

ご参考までに☞WEBでハイライトを確認する方法(外部リンク)

また、雑誌などもたくさん選べるといことですのでそちらも手にとってみたいです😎 

解約方法は☞コチラ  

〔終戦特集・書籍〕二重被爆



広島と長崎で二回被爆された方が、170名強いらっしゃったという事実に驚きました。 DVDでも同じタイトルでレンタルできますが、本の方が生々しい表現が伝わります。

2010年にお亡くなりになったとは知りませんでしたが、90歳から被爆体験を語り始めたとこの本にありました。

長崎での被爆の時には体が無意識に防御姿勢を取ったそうです。 キナ臭い昨今、もし核ミサイルが某国から発射された時、どういう対応ができるでしょうか? サバイバーである山口さんの経験を頭に入れておくといいかもしれません。

そんな日が来ないことが一番ですけど。
アクセスカウンター

    記事検索
    twitter
    Amazonオススメ商品
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ